スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2010年11月13日

妄想の為の書籍紹介②

年末が近づいて絶好調に忙しいです。
11/7に誘われていたゲームも直前に急遽キャンセルになってしまいました(泣
度々迷惑をかけてしまい申し訳ないですm(_ _)m

7日は久々の大英帝国で参加しようと思ってたんですが、キャンセルしてしまいネタが無くなりました。。。
英軍つながりという事で「書籍紹介」をネタにしたいと思います。


早川書房 アンディ・マクナブ著「SAS戦闘員」 しかも翻訳は大好きな伏見威蕃氏です。

アンディ・マクナブ 第一次湾岸時の「B20 ブラボーツーゼロ」で有名ですね。
イラク国境の後方にヘリで降下した8名のパトロール隊が羊飼いの少年に見つかり作戦を断念。
その逃避行と失敗した作戦を描いたノンフィクションです。
ショーン・ビーン氏主演で映画かもされていますが、半分が拷問シーンの薄暗い映画です。

そのアンディ・マクナブ氏の少年時代からロイヤルグリーンジャケッツ時代、SAS入隊し各種任務をこなし湾岸のクウェートに出発する前までの話です。
作戦も多岐にわたり、フォークランド紛争後のB中隊の任務がメインとなります。
各種訓練の様子から作戦準備、北アイルランド、マラヤ、ベリーズ、デト任務、コロンビア等々。
SASの各小隊が作戦に合わせて準備を行い世界各地に展開する。当時としては作戦地域を設定していた米特とは違っていた点が良く分かります。

また今後紹介予定ですが、A中隊や彼の上官の著作もありそれぞれ少し話が出てくる点が違う著作でも関連があって面白いです。

英軍物を各種読んで頂きファンになった上で英軍装備で皆さんも遊びましょうww
  

Posted by passion at 02:03Comments(4)雑記